家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器は、自宅でできる手軽さと、コストの安さ、人に見られないという安心感から人気の商品です。

しかし、脱毛器にも色々なメーカーから多くの機種が発売されており、じっさいどれを選んだら良いか分からないという人も多いはず。そこで、このサイトでは、家庭用脱毛器の選ぶポイントをまとめました。購入の参考にしていただければと思います。

方式による違い

家庭用脱毛器は、エステと同じ技術を使ったフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が主流です。レーザー脱毛は医療機関が使っているレーザー脱毛器の小型版のようなものですが、1つ問題があります。それはレーザー照射面積が1平方センチ程度しかないのでスネ毛など広い部分を脱毛しようと思うとすごく時間がかかるんです。

そこで、オススメは「フラッシュ脱毛」という方式です。フラッシュ脱毛はほとんどの脱毛エステが使っているのと同じ方式の小型版です。小型版でも照射面積は広く取れるので、大きな範囲を一気に脱毛できて短時間で処理できます。

ハンドピース部の重さ

忘れがちなのが、脱毛器のハンドピース部分の重さです。手に持ったまま作業しますから、あまり重いと疲れて筋肉痛になります。長時間電話した後に二の腕が筋肉痛になる感覚と同じです。このハンドピース部の重さは機種によって違い、軽いもので100g程度重いものだと300gと幅があります。実際、300gもあると疲れます。ハンドピース部の重さは選ぶ上で以外と重要です。

価格・ランニングコスト

家庭用脱毛器は、安いものから高いものまでいろいろあります。かつては20万円もする機械がありましたが、いまは安くてもいいものが出てきています。このサイトでは10万円以下で買える家庭用脱毛器を紹介しています。

それと、価格以上に大事なのがランニングコストです。フラッシュ脱毛機のフラッシュ部分は実は消耗品である程度使うと交換が必要な部品です。

脱毛は、毛の周期に合わせて何度も繰り返し処理しないといけませんから、カートリッジも何回も交換することになります。本体が安くてもランニングコストで比べたら割高だったなんてこともあるので、ランニングコストは重要です。

だいたいカートリッジ1個で1000回~2000回程度で交換する必要がありますが、中にはカートリッジ1個で数万回も使える商品もあります。カートリッジの価格を照射可能回数で割ると、1回照射あたりのコストが計算できます。ランニングコストは、1回照射あたりのコストで比較します。

必要な照射回数は、脱毛部位によっても違ってくるので参考情報を掲載しておきます。ただ、毛の濃い薄いでも違ってきますのであくまで目安として考えてください。毛の濃い人は回数だけでなく出力もあげなければいけませんが、出力を上げるとフラッシュ可能回数は多く減ります。

ワキ…25回、二の腕…100回、ひじ下…100回、手…20回、Vライン…15回、ヒザ上…280回、ヒザ下…180回 (いずれも片側。個人差もあります。あくまで参考値です。)

フェイシャル機能

脱毛器には、フェイシャル機能が付いているものもあります。フェイシャル機能は弱いフラッシュを当てることで美肌効果のある機能です。フェイシャル機能はそもそも付いていない製品や、専用のカートリッジを別途購入すると使えるもの、あるいは標準のカートリッジで脱毛も美肌も両方使えるお得な製品もあります。


ケノン

脱毛のトータルコストが圧倒的に安い!
2012年楽天家電年間ランキング第1位にも輝いた“ケノン”は、口コミでも大人気の商品で、家庭用脱毛器の購入を考えたことのある方なら一度は聞いたことのある脱毛器だと思います。

ケノンの本体価格は高いですが、カートリッジ1本で照射できる回数が圧倒的に多く、結果的に脱毛にかかるトータルコストは一番安いのが特徴です。また、広い照射面積と連射機能であっという間に脱毛できちゃいます。また、カートリッジを変えれば美顔器にもなる1台2役。機能性能とも最高の脱毛器です。日本製というのも安心です。

また、ケノンは産毛から剛毛までOKでほぼ全身脱毛出来ちゃうから、女性だけではなく男性からも大人気で、男性の利用者はなんと4割。家族や恋人とシェアしている人も非常に多い人気の脱毛器です!

照射面積 照射1回のコスト 連続照射
9.25平方センチ 0.0385円 6連射
レベル調整 ハンドピース重量 価格
10段階 120g 69,990円

ケノンの詳細はこちら

ヒカリエピ

安さが魅力!
「hikari epi ヒカリエピ」は、本体価格が 24,800円(税込)という驚きの安さで、カートリッジも3,980円とお得なコスパの一品です。業務用美容機器メーカーが家庭用に作ったものだから安くても実力は本格派。

照射面積も広く、出力も3段階で調整できます。また、しかもハンドピース部は軽くて疲れにくい。さらに、脱毛だけでなく、美しい素肌のためのフォトフェイシャルにも使えます。1台で脱毛と美容の両方に使えるのはお得ですね。

照射面積 照射1回のコスト 連続照射
7平方センチ 2.65円 なし
レベル調整 ハンドピース重量 価格
3段階 102g 37,800円

ヒカリエピの詳細はこちら



脱毛エステより家庭用脱毛器

脱毛エステサロンの方が仕上がりはきれいだしプロの安心感もあると思いますが、希望の時間で予約が取りづらかったり、人に体を見せるのに抵抗があるといった理由で途中でやめてしまうという人も少なくありません。

特に、予約に関しては毛の生える周期である2~3か月間隔でないと予約が取れません。また、予約した日に体調を崩したり急用が入ったりしてキャンセルすると、混雑しているため更に2~3か月先でないと予約が取れないのです。こういった混雑ぶりは特に都市部において顕著です。

家庭用脱毛器なら自宅でいつでもできるし、脱毛サロンよりも断然安上がりです。自分では手が届かない部分は脱毛サロンで、届く範囲は自分でとうまく使い分けてコストを抑えることもできます。

それに、脱毛エステでは、年中何かしらのキャンペーンをしていますが、そもそもキャンペーンは新規顧客を集めるためのものですから、最初だけは100円とか信じられないような価格設定(当然赤字ですが広告費です)をしてきます。そういったキャンペーンにつられて始めても、他の部位などの追加を勧誘をされたりして、トータルではそれなりの金額を払うことになるのが普通です。キャンペーンだけの施術で断る勇気のある人が一体どれだけいるでしょうか?

そういったことからも、家庭用脱毛器は自分でできることは自分でという人にはぴったりですね。


永久脱毛 自宅 永久脱毛を自宅でするには脱毛器が一番!でも、どの脱毛器を使ったらいいか分からない人も多いみたいですね。このサイトでは自宅脱毛にお奨めの脱毛器を紹介します。
脱毛 自宅 永久脱毛を自宅でするには脱毛器が一番!でも、どの脱毛器を使ったらいいか分からない人も多いみたいですね。このサイトでは自宅脱毛にお奨めの脱毛器を紹介します。

このページの先頭へ